レポジトリ管理ユーザの作成

グループ cvsusers と ユーザ cvs を作る。

グループとユーザの作成

# groupadd cvsusers
# useradd -g cvsusers cvs

リポジトリのディレクトリを作成

# mkdir /var/lib/cvs

所有者を設定
# chown cvs.cvsusers /var/lib/cvs

パーミッション変更
# chmod 2770 /var/lib/cvs

リポジトリの作成

# su - cvs

環境変数CVSROOTの設定
$ vi ~/.bash_profile
export CVSROOT=/var/lib/cvs

即反映
$ source ~/.bash_profile

リポジトリ作成
$ cvs init

確認
$ ls -l /var/lib/cvs

利用ユーザの作成(UNIXアカウントと併用)

# useradd -G cvsusers kobake
# passwd kobake

利用ユーザの作成(CVSのみ)

Apacheパッケージを使う(htpasswd)。

passwdファイルを作成

# su - cvs
$ cd /var/lib/cvs/CVSROOT
$ htpasswd -c passwd kobake2

作成したpasswdファイルのパーミッションを変更、内容を編集

$ chmod 600 passwd
$ vi passwd
kobake2:*************:cvs        … 「:cvs」を付ける

これで ユーザ kobake2 が ユーザ cvs として振舞うようになる。