参考

Mondorescue

ディスクイメージまるまるバックアップ

■192.168.11.14 (Fedora5)
# yum -y install mkisofs cdrecord
# yum -y install lzo lzop
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/fedora/5/i386/afio-2.5-0.fc4.i386.rpm
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/fedora/5/i386/buffer-1.19-0.fc4.i386.rpm
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/fedora/5/i386/mindi-busybox-1.7.3-1.fc5.i386.rpm
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/fedora/5/i386/mindi-2.1.3-1.fc5.i386.rpm
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/fedora/5/i386/mondo-3.0.1-1.fc5.i386.rpm
# rpm -ivh *.rpm
# mondoarchive -Oi -L -d /mnt/myhost-usbdisk-via-nfs -E /mnt/myhost-usbdisk-via-nfs -p `hostname`-`date +%Y-%m-%d`
■myhost30.home.net (CentOS6)
# wget ftp://ftp.mondorescue.org/rhel/6/x86_64/mondorescue.repo
# mv mondorescue.repo /etc/yum.repos.d/.
# yum -y install mkisofs cdrecord
# yum -y install lzo lzop
# yum -y install mondo
# service httpd stop
# service mysqld stop
# service svnserve stop
# mondoarchive -Oi -L -d /mnt/myhost-usbdisk-via-nfs -E /mnt/myhost-usbdisk-via-nfs -p `hostname`-`date +%Y-%m-%d`

コマンドサンプル

システムのフルバックアップデータを、/mnt/foo にisoイメージとして出力
$ mondoarchive -Oi -d /mnt/foo -E '/mnt/foo /mnt/foo2' -p `hostname`-`date +%Y-%m-%d`

mondoarchive -Oi -g -L -N -s 4200m -d /root/mondobackup -E /root/mondobackup
mondoarchive -Oi -s 4480m -d /root
mondoarchive -Oi -gF -L -N -s 4200m -d /nfs -E /nfs

NFSサーバ alpha の /var/data/ をローカルの /mnt/nfs/ にマウントしてあり、/mnt/nfs/mondorescue/ にバックアップを出力する場合。
mondoarchive -O -n alpha:/var/data -d /mondorescue -s 700m -g -9 -S /var/mondo/scratch -T /var/mondo/tmp -E /mnt/nfs
mondoarchive -O -d /mnt/backup -E /mnt -s 4480m -S /tmp -T /tmp -p `hostname`_`date +%Y%m%d` 
mondoarchive -Oi -d /mnt/backup -E /mnt -s 4480m -S /tmp -T /tmp -p `hostname`_`date +%Y%m%d` 

オプション

Stray Penguin - Linux Memo (Mondo)

-O バックアップを実行
-i バックアップ生成物をISOファイルにする
-E [ディレクトリ] バックアップ対象から除外するディレクトリを指定。ただし、バックアップ先 (-d オプションで指定) とスクラッチディレクトリ (-S) 及びテンポラリディレクトリ (-T) は自動的に除外されるので、指定する必要性はあまりない。また、/sys, /proc などの疑似ファイルシステムとリムーバブルデバイスも自動的に除外される。
-d [ディレクトリ/デバイス] バックアップイメージの出力先を指定
-s ISOファイルのサイズを指定
-S スクラッチディレクトリの指定。mondoarchive が ISOイメージを作成する時に使用する一時ディレクトリをフルパスで指定する。実際に使用されるディレクトリは、path/mondo.scratch.xxxx/mondo.scratch.yyyy/ のようなものとなる。指定しないとルート (/) 直下にこうしたディレクトリが作られて格好が悪いので、指定した方がよい。指定するディレクトリはあらかじめ作っておかないとエラーになる。
-T tmpディレクトリの指定

mondoarchiveコマンドに「-L」を指定すれば、lzo圧縮を行うことができる

Stray Penguin - Linux Memo (Mondo)

-o テープへバックアップする時、テープをブータブルにする。ブータブル化には OBDR 規格 (One Button Disaster Recovery) が使用される。ブートするにはテープドライブハードウェアも OBDR に対応している必要がある。

"-g" を指定して、バックアップの進捗を画面で確認できるようにします。

Stray Penguin - Linux Memo (Mondo)

-[0-9] バックアップアーカイブ作成時の圧縮レベル。0=圧縮なし ~ 9=最大圧縮率。検証の結果、今日日の CPU処理能力なら、圧縮率を高めた方が所要時間が短いようだ (特にテープをバックアップ先にする場合)。mondoarchive は基本的に bzip2 フォーマットで圧縮を行うが、gzip に切り替える -G というオプションもある。

-p [名前]     ISOファイルの名前を指定

ログ

/var/log/mondoarchive.log

ISOマウント

# mount -t iso9660 -o loop ISOイメージファイル名 マウントポイント
# mount -t iso9660 -o loop ./CentOS-5.3-x86_64-bin-DVD.iso /mnt/iso